主事医の所見

介護認定調査では 主に主事医の所見が かなり重要視されます

母を連れて 主事医のM病院を訪れました
ここでも また 母は質問攻めです<質問形式でないと検査できないの?

まずは 長谷川式<認知の程度を図る検査です
質問・・・・★さくら ★ねこ ★電車 の三つの言葉を数回言って記憶させます
      数分後に いくつ覚えているかを聞かれます<一つも覚えていませんでした

質問・・・・小さな箱の中に 5つの小物が入っています
      ★鉛筆 ★時計 ★万年筆 ★スプーン ★メガネを見せますが
      すぐに隠します そのあといくつ覚えているかを判定します<覚えていませんでした
質問・・・・知っている野菜の名前を 10個以上言ってみてください<不思議 不思議
      普段何気に食べたり 見たりしているのに 母は考え込んでいました。

質問・・・・100から3を引いてください<答えました 97
      さらに 3を引いてください<長い間考えていましたが 答えられませんでした

質問・・・・4 6 2を 逆に言ってみてください<言えました すごい!
      3 7 2 9を逆に言ってください<言えました すごい!

母は すごい!と感じました 私はそばにいて 難しいと思いました  

認知症の検査と言うけど 誰が考えたか知らないけど これって本当?って思うし
一人ひとり 症状が違う病気なのに これですべてを図る検査に 疑問です    
[PR]

by kuritokoro | 2010-04-29 23:30 | 日記 | Comments(1)

Commented by 金魚 at 2010-05-05 09:47 x
数字には お強いのかな?言葉、イメージ、数字は脳の別々の場所で働くような気がしました。