3度目の介護認定調査

今日は 母の介護認定調査の日でした
認定を受けてから 最初は 半年で認定の見直しがあります
次からは 1年おきです
介護認定1の母は 今度はどうなりますことか????

9時15分の約束でした さすが市役所ですね・・・正確にチャイムが鳴りました
いつも通り 母に対して 50の質問が行われますが 先回より かなり認知が進んでいるように
思えます。
尿意は まず感覚がないのが普段の母です 部屋や トイレに山のように積まれたリハビリパンツや パットを見て来られた 調査員が 母に聞きました
調査員「トイレはどうしておられますか? パットとか使われますか?」
母  「私は そんなもの使いません 自分でトイレに行きますから」

調査員「今日は 何月何日かわかりますか?」
母  「う~~~ん 分かりません」

調査員「毎日 どのように生活しておられますか?」
母  「毎日 畑に行って 草を取ったり 何かしらやってますよ」

調査員「季節は 今は 春 夏 秋 冬のどれかわかりますか?」
母  「秋だね」

調査員「100から3を引くといくつか分かりますか?」
母  「100から3? う~~~んと 3つ取ればいいんだねえ?う~~~ん 194かね?」

調査員「今朝は何を食べましたか?」
母  「さあ 何を食べたかなあ たぶんご飯を食べたと思います」

・・・・・・・・・・・・・・・・
               ・・・・・・・・・・・・・・・・
                              ・・・・・・・・・・・・
などなど たくさんの質問を繰り返す調査員に対して 流暢に答える母に 私は隣の部屋に
いながら 笑えました<本当は悲しかったです

質問で 合ってるものは ほとんどありません
調査員は 母の後 家族の方に質問をします・・・・とのことで 私にも質問を繰り返しました
しかし 母の答えが まったく違うことは 全部見透かされていました
[PR]

by kuritokoro | 2011-04-12 23:03 | 日記 | Comments(0)