医療の進化

母は 様々な病名を付けられ 入院中ですが
鼻の頭や 頬に出来た 皮膚がんは 今回おまけです(+_+)

皮膚科の先生から お話があるとの事で 病院に向かいました
「切除した腫瘍の組織検査の結果は まだ本来の癌にはなっておらず 前期癌と呼びます

しかしながら これを放置すれば間違いなく癌になり 転移も考えられますが 今この状態で

皮膚をえぐり取る手術はしません

本来 皮膚から盛り上がっている部分は 窒素を当てて 焼いていましたが 今は塗り薬で行います

週3回 4週間続けます これは指で塗りますが 指は焼けたりしません」


翌日 母の顔は 少し綺麗になっていました\(^o^)/

主治医の話「この手の皮膚がんは 女性に結構あります。 色白で 長い期間紫外線にあたって来た方が多いですね それと長生きをされれば 当然発病することも経験する訳で・・・」
(母は 若い頃から 時間を忘れて 猛暑の中でも 畑仕事に夢中でしたから 納得です)

e0121192_9491723.gif

[PR]

by kuritokoro | 2012-06-09 09:56 | 介護 | Comments(0)