昨日からブルー(+_+)

母のお世話に入室すると いつも聞かれることがあります

母: ねえ お爺さんはどこにいるの? どうしてるの?

お爺さんとは 自分の連れ合いの事です 昨年亡くなりました。

私: お爺さんは 今 入院してるよ
私: お爺さんは あちらの部屋で 相撲を観てるよ

・・・・・そんな言葉で ごまかしてばかりいましたヽ(o゚ェ゚o)ノ
でも 昨日は違います
母: ねえ お爺さんは ひょっとしたら 死んでござるんじゃないの?

私は 笑いながら 本当のことを話してあげました
母: えっ!ほんと? そんなこと初めて知った 知らなんだわ(;゚д゚)ェ...................

それなのに 数時間たった時 また 同じ質問です
だから 今度も私は 「入院だよ」と 答えました 
何で 私は 嘘をつくんだろう? 本当のことを 言えない私がいます(;´Д`)ウッ…

母: 私は 飲ませてももらえない 食わせてももらえない あ~情けない 情けない
   これは オカイゴロシと言うんだ!

それは 飲み込みが出来ずに 常につばと 痰が 喉にある母の精一杯の言葉でした
数回聞きなおし やっと 理解が出来た言葉 オカイゴロシ(お飼い殺し)と言う意味です

これは 実の娘である私にとって テンションが一気に下がる 辛い言葉でした

私も気分の晴れたときは 点滴を見せて 「今から栄養を入れますよ」とか
「今から ご飯ですよ」とか言いながら 母を笑わせていられるのに・・・

母から聞いた 「オカイゴロシ」の一言は 胸に突き刺さりました。・゚・(*ノД`*)・゚・。
e0121192_1137161.gif

[PR]

by kuritokoro | 2012-12-13 12:15 | 介護 | Comments(2)

Commented by tkpcdss at 2012-12-15 18:19
つらいですね(T0T)
Commented by kuritokoro at 2012-12-17 10:50
共有 共感が一番の癒しです ありがとう
日替わりで 母の言葉も変わるから 救われます