少し安心した耳鼻科

今日もいつもと同じ耳鼻科に行って来ました。
以前と違って 待たなくていい・・・と思うだけで 気持ちが楽だし ゆっくり支度をして出かけた

今日は すでに5人の患者様!<ひゃ~こんな日もあるんだ>
それでもすぐに呼ばれて ちゃんと鼻から 喉から 消毒や 診察ありました。
                                       <なっとく>

患者さまは ほぼ中高年~高齢者(?) ほとんどの方が お耳が悪いみたいです
一人の女性は うつ病のご主人を抱えて たくさんの悩みを抱えて 先生に話を聞いてもらってました。
先生は とても親切に「ふん ふん それで・・・」と ちっとも迷惑な感じも出さず気長に聞いてあげてます。
帰るときには 老人車を押したおばあちゃまは 何度も何度も頭を下げて お礼を言ってみえました。

私の心に響いた言葉がありました ①僕たち医者は あくまで患者さん主体なんだよ
②薬も 効くか効かないかを見極めるために たくさんは出しません 次に来た時 少しでもよくなっていたら
あ~あの薬でいいんだな  これはこの方には向かないなと 考えます
③病院は いつでも どこへでも変わって構いませんよ あくまで 患者様が納得してかかることが大切です

私は 開けっ放しの診察室から 先生のそんな言葉がまる聞こえ状態で 「うん うん・・・」と聞いていた

すべてが アナログで 器具も お部屋の雰囲気も すべてがレトロな病院だけど この先生にしばらく
お世話になってみようか・・・と
もしも とても嫌なことがあったら また私も変るかも。。。。。。。。

私が 診察を終えて 部屋から出ると 患者様が11人に増えていました。
[PR]

by kuritokoro | 2014-08-27 18:04 | 日記 | Comments(0)