<   2010年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お試しデイサービス

2月27日(土曜日) 母をデイサービスのお試し体験させました
前の日から 何故か胸がドキドキして 眠れません
何故なら 母をどう説得して 連れて行くか?考えているからです

とうとう 当日の朝・・・なかなか母に言えない自分がいました 
いつもより 30分早く 起こし 清拭 おむつ交換 そして 早々と外出着に着替えた
「今日は ええ服を着るんだね?」 私は「今日は 天気がいいからどこか行こうよ」・・・が精一杯だった

9時半までに行く約束なのに もう9時になってしまう あ~どうしよう
思い切って 父にまずは話した すんなり「連れて行って来い」と言う

背中を押された気がして 今度は母に話すことに
「あのさあ 〇〇内科の先生が・・・」と 先生が勧めた・・・と嘘をついてしまった
母は 目を丸くさせて 「何で 私が病院に行くの?私はどこも悪くない」(怒)を 連発!

とうとう 9時半が来てしまった あ~もうだめだ!今日は諦めよう 
何度も ケアマネに携帯をかけるが 留守番電話<今日は土曜日だった・・・・

数十分母との 格闘の末 やっとお尻を上げてくれた すると・・・・・・・・・・・・・・
・・・・「化粧をする」と言い出した 特に口紅は念入りだ<赤いぞ!
母の心に 何が起きたか? 何を考えているのか?聞いてみたいが 時間も余裕もない

お試しは 家族が送迎と決まっているようで 私の車にやっと乗ってくれました。
車の中での会話は 私の胸をとてもとても苦しめるものでした。
「私をどこかへ 置いたら あなたは行ってしまうんでしょう?」
「私は どこに行くの? そこはどこにあるの? 誰がいるの?」
「私を置いて帰ったら もう迎えに来てくれないの?」
なかなか 気持ちが決まらないようで 延々 私を苦しめました 本当に辛いのは私ではなく
母のはずなのに・・・・

さゆみの里(デイサービス)の駐車場へ着きましたが 母を下ろせませんでした
まずは 職員さんと・・・聞くと 「ここにいる人たち全員が 始めはそうですよ!」・・・とのこと

母の手を引いて ゆっくりゆっくり 施設の中へ 母の目は きょろきょろ動きまくり
まるで 初めて入園する子供のようでした

帰る!と言ったら 私の携帯にかかって来る約束でした 携帯がなる度 びくびく!
12時 13時 14時 待っても 電話はありません

とうとう 14時半も回った頃 職員さんから「あれから 結構落ち着いて みなさんとお話されたり
お食事もされて ソシアルダンスを一緒にされましたよ! おやつを食べてから帰られますので
15時15分くらいにお迎えお願いします」<やった~超超うれしい

お迎えは 私の娘 つまり母の孫が行きました わざと少し早めに着いて 見えないように
母を観察してくれたんです
e0121192_18195590.jpg

デイサービスは 幼稚園の大人版なんだ
嫌がる子供もいれば 嫌がるお年寄りだっているってこと
家がいいに決まってる 騙して連れて行くのはやめよう!母が行くと言うまで待とう・・・
[PR]

by kuritokoro | 2010-02-28 18:20 | 日記 | Comments(0)

なかなか笑えない日々

両親の在宅介護を選択してしまったこと 後悔はしていませんが 
少々 問題が多いことに気がついてしまった

家にいると言うことは 身内の出入りも多いと言うわけで・・・
父は いろんな色の顔を持つ カメレオン? 怪人20面相?

母は おしもの交換に抵抗感は無くなり とてもやり易くなりました
ヘルパーさんには まだまだ 心が開けられないようで 記録簿には「拒否されました」・・・・とある
本当は 認知症じゃなかったりして(笑)
月曜日から 土曜日まで 毎日 ヘルパーさんや 看護婦さんのサポートを受けています

さすがに 看護婦さんは 介護もプロ(?)なのか 父は「看護婦はいつ来る?」と聞きます
[PR]

by kuritokoro | 2010-02-28 17:41 | 介護 | Comments(0)

介護認定調査

2月16日 朝9時15分 市役所から 母に次いで父の介護認定調査に来てくれました

若い 綺麗な女性です 
父は ベッドの上で 鼻の下を伸ばし 娘の私に見せたことのない 笑顔で出迎えました
・おトイレは 一人で行けますか? ・上着は 自分で着れますか?
・立って 一人で歩けますか?    ・今の季節は何ですか?
・今日は何月何日ですか?      ・誕生日は言えますか?・・・・などなど50項目を
次から次 質問されますが 父は どれにも答えはしますが なかなかあたりません

ベッドに寝付くようになって 半月あまり ここまで認知が起きてしまうのか?
自立は大切!と つくづく感じます

尿意はあるものの 自分ではどうすることも出来ない現実!
さ~ これから 本格的な介護生活に突入します
8畳間の 畳の上に 2台の介護用ベッドがあります まるで 病室の二人部屋

ホームヘルパーさんは これから 右に父 左に母 と 交互にオムツ交換する訳で・・・
効率が良かったりして・・・ネ(笑)
[PR]

by kuritokoro | 2010-02-16 14:55 | 日記 | Comments(2)

最愛の従兄との別れ

最愛の従兄が 余命の宣告を受けてから 2ヶ月 まさにバレンタインデーの当日
千の風になりました。
どんな名医でも 癌に勝つことが出来ないのでしょうか?
11月に 余命6ヶ月・・・
12月には 余命3ヶ月・・・と宣告されてから まだ2ヶ月も経っていません

何度も 病室から 携帯のメールが来ました
生きる気まんまん! 生きたい! 一日でも長く生きたい!と言っていたのに
こんなに 早く逝ってしまった。
10日前には 携帯の向うで、元気な声で「まだ元気だぞ~」 と大きな声で・・・

人間の寿命って 一体どうなってるんだろう?
憎い癌に 勝てる日がやって来るんだろうか?
[PR]

by kuritokoro | 2010-02-16 14:40 | 日記 | Comments(0)

介護は笑って笑って・・・

認知症の母についで 父も介護認定を申請することになりました
ベッドに寝付いて はや一週間。。。<ヤレヤレ

今朝は 便が出ないと 苦しんでいました
娘は 元介護士(プロです) こんな時 強い味方です
もちろん浣腸をすることに・・・結果3本も<ドヒャー

ベッドの上で 側臥位(横に寝ること)で浣腸を挿入・・・・・すると・・・・「うっっ。。。。。」苦しそうなのですが
「前 前 まえ」と、じいじが・・・ 尿意があるようです<困りました

前に 尿瓶をあてがい 後ろは 摘便状態 <どひゃ~~~

もう笑うっきゃない ♪うしろから まえから うしろから まえから・・・♪<笑


                 朝から 臭い話ですんません
[PR]

by kuritokoro | 2010-02-09 14:20 | 日記 | Comments(0)