<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

我が家の夕食は超豪華?

三家族で夕食をした日 仲間の一人 65歳ですが 猟銃で狩りが趣味の彼
今回は 鹿といのししのお肉を頂きました

彼は 雪深い山の中で狩りをしていたらしい
大きないのししを 撃ったが 横腹をかすってしまった!
いのししが こっちに向かって来た! 危ない!と思った瞬間 太ももをガブリ!

驚いて のけ反った瞬間 崖に転落!
「6~7メートルあったと思うが 俺は奇跡的に無事だった いのししは 途中の木に当たり
気絶していた 俺は 銃を捜したが 放り投げて銃と玉が別々に・・・・雪の中をさぐって
玉をようやく捜し 一発撃ち とどめをさして 命拾いした。無線機で仲間を呼んで
助けてもらった」

e0121192_1743884.gif


嘘のような本当の話です お店の中でも 彼は腰が痛い!を連発していました
鹿は 刺身で いのししは 鍋で頂きました
孫に 彼が射止めた いのししの話をすると 「食べない!」と <言わなきゃ良かった>
e0121192_17463443.jpge0121192_17464349.jpg
[PR]

by kuritokoro | 2012-02-27 17:50 | 日記 | Comments(2)

おいしい食事におまけの話

一年に数回集まる 3つの夫婦がいます
いつも 同じお店 ●●●●今年になって 初めての再会でした
土曜日と言うこともあって 満員御礼状態 新鮮な刺身と オーナーの創作料理やデザートは絶品!
ふと 壁に貼ってあるメニューに目をやった時です
こんな貼り紙が 私の目の前に
e0121192_17103956.gif

e0121192_17111834.jpg

この貼り紙 どう理解すればいいのかしら 
剥がすの忘れてた? そんなアバウトなお店じゃないもん
もうすぐ 3月おひな様だと言うのに・・・・
e0121192_1714859.gif

[PR]

by kuritokoro | 2012-02-27 17:18 | 日記 | Comments(0)

最高のボランティアでした

2月22日(水曜日)地元にある 【あんきの家】に ボランティア行って来ました
市内からも かなり奥深い 集落ですが 素晴らしく 温かみのある土地柄と見受けました
15名ほどの 利用者さまたちと 9名の入所者さま 立ち上げて10年になるとのお話でした

基本的に 今まで ‘グループホーム’とは 認知症であること。 在宅で生活が難しい方。 9名を 一つの家の中で共同生活をしてもらう・・・それぞれが個室も持つが条件!
しかし 自分の事が自分で出来なくなったら 退去しなくてはなりませんでした。

国の考え方なので 変でしたが 仕方が無かったのです。
でも 立ち上げて 10年も経てば 入所時 85歳の方も95歳になるわけで 亡くなられたり
自立が難しい身体になられ 半特別養護老人ホームと化している。・・・・が現実

15名のデイサービスで利用されてる方も この地区の方に限らせてもらっているとのお話でした

狭い集落ですが この地区の方々は 【あんきの家】がある限り 支えあって 生きて行ける!と言う
安心感があり 野菜を作れば 【あんきの家】に運び 利用して頂くと言う 楽しみもある

デイサービスの送迎のおじさんも 地元の元気な高齢者です。

以前 この施設で 映画の撮影もありました。『折り梅』です
歌を唄い 元気に出演された方も 今は天国にいらっしゃるそうです。
こんな風に 狭くても地域で 地域の人たちで 高齢者を支えあう 企業が大きな建物を建てて
高齢者を入所させて 金儲けをする時代ではないと 私は思います
これからの 高齢者の生き方は 地域で支えあう!地元の医療機関と 密接に連携がとれれば
絶対 一番良い方法と思います。

★歩ける元気な方は 歩いてそこまで来る
★おいしいクッキーを焼いたら おやつに持って 集まる。
★歌の上手な方は みなさんに唄ってあげる
★野菜が たくさん採れたら 施設に運んで 料理に使ってもらう。
こんな 施設が 地元にあったら 老いも怖くないと 私は思います

将来の夢! 空いた畑に そんな施設が誘致できたらいいなあ~~~~
e0121192_17594679.gif

[PR]

by kuritokoro | 2012-02-24 18:04 | 日記 | Comments(1)

介護認定更新が迫りました

介護認定は 一度更新されると 半年間が有効期限
そのあとは 1年間は有効です
母は 骨折のために昨年9月に 要介護2から 3に更新されたので
今度は半年後 つまり3月で要介護認定の更新をしなければなりません
市役所から すでに 更新の手続きをするように 案内が届いていました

本日 主治医のK村内科に受信しました
長谷川式を 相変わらず行うのです
 今回は ほとんど答えることは出来ませんでした
「今日は 何年の何月何日かな?」
「今の 季節は何かなあ?」
「今日は 何曜日かなあ?」
全く 答えられず 「こんなこと 簡単に分かる気がするけど わからないんだわ」と言い
(笑)(笑)
e0121192_22485679.gif

すべての質問を (笑)でごまかし(?) たぶん認知症はかなりの進行だと実感しました。
一番びっくりしたことは 「知ってるかぎりの野菜の名前を言いましょう」と言う質問に
母は 不思議なことに 一つも答えないのです
看護婦さんは 「いいよ 慌てなくて ゆっくり考えてネ 冬の野菜も分からん?」と
優しくやさしく言ってみえますが ダメでした。

今度は 23日の朝 市役所の認定員さんが 来られます

私は 母の介護度が高くなることを 望んではいません
介護度が上がれば 利用する時間数は増えるけれど 自己負担金がどんどん増えて行きます
e0121192_22585638.png

[PR]

by kuritokoro | 2012-02-17 23:00 | 介護 | Comments(0)

一期一会さんからのメール

ある日 写真がご趣味の一期一会さんから画像添付のメールが来ました
1枚は 近くの郷瀬川に 以前から噂されている ヌートリアの撮影に成功!
2枚目は 地元入鹿池のワカサギ釣りの風景でした
e0121192_1724207.jpg

デジカメなのですが かなりの倍率で・・・腕も凄いなあ~~~と感心
何より 彼の画像には いつもドラマがあります

えっ!我が家の家族が この寒いのにワカサギ釣り?
そうなんです
小学生の孫や 孫の友達連れて行ったりと かなりまめです。ハイ
[PR]

by kuritokoro | 2012-02-13 17:29 | 日記 | Comments(2)

Rくんに感謝です

何かと忙しかった我が家に やっと賑やかな夜の団欒が戻って来ました
それも 孫のRくんのおかげで 家族みんなが 大笑いできて「Rくん ありがとう」です。
e0121192_16504596.jpg

パスタの中にあった つぶのコーンを 知らぬ間に抜けた歯にはめたようです
騙されて 私は大笑い!
次いで 今度は コーンに代わり ひじきの中のお豆でも騙されました
e0121192_171595.gif

e0121192_1735079.gif

バアバも 分かってか 分からずか 一緒に笑っています
e0121192_1753897.gif

今度は おとなの歯が生えて来るんだ!と嬉しそうでした。
[PR]

by kuritokoro | 2012-02-11 17:08 | 日記 | Comments(2)

やっと終息宣言?かな バアバおかえり!

1月14日から入院をしていた母が 2月の3日やっと退院してまいりました・・・と言うより
病院から 催促の電話があったからです。

病院にも言い分はあるだろうけど・・・ 
受け入れが きちんと整わないと 慌てて退院させても 家族も大変なんだ!
21日間の間に 様々な出来事があったけど 話してあげても 母は記憶することが出来ません。

上の娘家族が 次々とインフルエンザで 隔離!
1年生のRenくん やっと前歯が抜けたよ~と 写メールで送って来ました
e0121192_14165439.jpgbr clear=all
インフルエンザで 熱と戦ってるのに・・・ママが撮ったんだなあ
薬が飲めないRenくん タミフルがなかなか飲めず 困っているとの事

早く治って Rさまと 遊ばなくちゃ・・・・ネbr clear=all
e0121192_14202421.jpg



3日に退院して 久しぶりに自分のソファーに座ろうとした時 「お~~私のこと待っててくれたのかあ?」
人形達に 話かけています。
一気に 記憶が 自宅モードになった瞬間でした
e0121192_14243286.jpg
br clear=all
早速 Rさまと ご対面!
Rさま バアバのおやつ(たまごボーロ)が大好きです。バアバの入院中に かなり いただきました。
「はい!バアバ ボーロだよ!」と 口に運んであげる優しいRさま 成長したね
保育園で作って来た 鬼の面を バアバにかぶせたり 結構仲良しになった感じ・・・<ウフ>
e0121192_1430163.jpg
さあ 疲れたから おねんねの時間だよ~
バアバが移動しようとすると またまた 車椅子に相乗りです


カメラを向けると バアバもRさまのマネして ピース!目じりが下がる瞬間!
我が家にも やっと 平穏が戻りつつあります
後は インフルエンザが終息して 家族一同揃うのが 待ち遠しいな
[PR]

by kuritokoro | 2012-02-05 14:38 | 介護 | Comments(0)

吹雪で怖い体験でした

18時からの通夜に出席するため 時間通り家を出ました
あっという間に 猛吹雪!br clear=all
e0121192_231193.jpge0121192_2332981.jpg
(この画像はネット上で頂きました こんな感じだった)

孫のリンさま乗せて 娘の運転です
2時間も前に家を出た夫は すでに寺に着いているようだ

のろのろ運転の上 車線は見えない 分離帯さえも見えず怖がる娘にエールを送る私
「神様 助けて~~」
事故ってる車も見かけました
e0121192_2381899.gif


初めて行く寺は ナビを頼りに行くしかないけど 外の吹雪に参りました
無事遅れながらも 寺に到着!
道路と 駐車場の境が 全くわかりません

入室すると 丁度,焼香が始まりかけたところでした
でも 私の恐怖と 興奮は冷めず 足ががくがく 頭とコートは雪で真っ白!
し~んとした空気の中で 私たち親子のパタパタと 雪を払う音や 
ハアハア息づかいが、妙に合いません

夫は?と言うと 客に交じって 前を向き私たちに気が付きません<ムツ!
温度差が違いすぎて 私の神経は なかなか治まりませんでしたが

冷静になって考えたら やっぱりわたし、反省でした
親を 夫を突然亡くして 悲しみの中の 通夜の晩でした

部屋の中は まるで別世界!だったから・・・しゃあないか
e0121192_22473110.gif

[PR]

by kuritokoro | 2012-02-01 23:11 | 日記 | Comments(0)