<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

敬老会給食のお誘い

【敬老会給食】
孫のRくん 2年生のお誘いで 敬老会給食行って来た

上の孫のMちゃんの2年生の時も 同じお部屋で 同じように参加

以前と変わらず 明るい校舎 そして広々とした廊下
e0121192_1538862.jpgbr clear=alle0121192_15383089.jpg
天窓から入る光は まるで大きなリビングのよう
子供達は 明るく のびのびとして見える
今日は 2年3組だけの敬老会給食でした
全校生徒が900人を超える マンモス校です
しかも 給食は 自前の給食室で 調理されているんだ<すごい>









Rくんは 校庭で友達と待っていてくれたし 下駄箱も教えてくれたし
教室まで案内してくれたり 婆ちゃんとしては 嬉しかった


どちらかと言えば 婆ちゃんの参加が多い中 爺ちゃんたちは 結構ダンディーな方ばかり

私の学校時代は 牛乳が飲めなくて 嫌な思い出があります<牛乳瓶じゃない>
「はあちゃん!牛乳は僕が飲んであげるよ・・・」と優しいRくん
(∩´∀`)∩e0121192_15493940.jpgbr clear=all


給食が終わる頃 先生が1本の牛乳を持って 「お代わり欲しい人はじゃんけんだよ・・」


すると 「はい!はい!」と 手を挙げながら 10人くらいの生徒が集まる
「こりゃ大変だ」と思っていると あちこちから 爺ちゃん 婆ちゃんが飲めないのか
子供にあげようと思ってか 何本も集まった(∩´∀`)∩
e0121192_15541961.jpgbr clear=all



Rくんが 「おいしいのに・・・」と言ってくれたけど やっぱり飲めなかった・゚・(。>Д<。)・゚・





メニューは ★肉じゃが ★ごぼう入りの肉団子 ★油揚げの入った野菜の炒煮 
★菜めし ★お月見団子 ★牛乳

給食終了後は お決まりの お楽しみ会です
びっくりするのは これからです
クラスで 子供と大人で輪を作り 盆踊りを踊るんだ
全く 分からん ちんぷんかんぷん
私達とさほど変わらないように見える先生から「どうぞ ご無理されませんように・・・」
何だか 急に歳をとったように感じたのは 私だけか?
e0121192_1674157.gif
 
[PR]

by kuritokoro | 2012-09-29 16:10 | 日記 | Comments(0)

私も見つけたキノコ

友人の金魚さんが 散歩中に見つけた素敵なキノコ

たまたま お客様のご自宅への歩道で 見つけたキノコ<駐車場から門までが長い>
e0121192_12455924.jpg

まるで あんぱん(?)
信じてもらえないかも知れないけど あんぱんくらいの大きさなんだわ∑(*゚ェ゚*)
e0121192_12522265.gif

[PR]

by kuritokoro | 2012-09-27 12:54 | 日記 | Comments(0)

8年振りの再会(女子会)

高校時代の友人3人と 8年振りの女子会だった
e0121192_18102087.jpg

一人は大阪から もう一人は 豊明から高速飛ばして来てくれた

8年前は お互い親は元気だったのに・・・ポーラの所長してるA子は二人とも送っていた

大阪に住むU子は いろんな事があったけど 自分の親が次女とうまく行かず 長女の家に

世話になると言って 勝手に来てしまったとの事 それ以来介護中だと。。。

お互い 孫の話をしてる時は 満面の笑顔(o^─^o)ニコッ

介護の話になると 愚痴がでたり 苦笑い でもでも 介護も楽しんでやるって事学んだ

娘の計らいで 地元にあるロンドンバスの MARUでランチ
e0121192_18163296.jpg

ロンドンバスの2階で食事は珍しく 友人も「おもしろい」と 喜んでくれた

大阪の友人からの 突然の電話がきっかけで 会うことになったが 会えて嬉しかった

数年後 またの再会を約束して 別れました【再会希望】'∀'o)ノ))またネ!
e0121192_18222372.gif

[PR]

by kuritokoro | 2012-09-23 18:22 | 日記 | Comments(0)

試練は続く

待ちに待った 夫が受診する日 MRIの検査の結果が分かる日でした
朝から そわそわ ドキドキ 落ち着かない夫

私も仕事を娘に任せ もちろん同伴

先生の言葉は 相変わらず優しかったです
「寝た状態で撮影するMRIは 判断が難しい もっと狭窄部分を細かく知りたい
なので 入院して検査させてください 今日はどうですか? いや 明日 明日にしましょう
重症患者用の部屋しか空いていませんが 検査ですから部屋代は要りませんよ」

ところが ところが 夫が飲んでいる薬が 駄目みたいでした<(@_@;)>
背中から入れる針が かなりの出血も伴い これが飲んでる薬の影響で出血が止まらなく
なってしまう危険性があるため・・・と説明を受け 納得するしかありませんでした

あの時 私ときたら 夫の検査入院よりも 仕事のことを考えていました
このところの 雷で 溜まってる仕事のことです
エコキュートの交換 エアコンの取替え 電話機の交換 諸々の事が頭をよぎったのです
            <(>_<)><(>_<)><(>_<)>


どうしよう どうしよう <オロオロ状態>

神様が ちゃんと導いて下さったみたい
検査入院は 来週になったのです しかも一泊二日<(^<^)>

とりあえず 痛み止めの薬が出ましたが 夫には効かないみたい<涙。。。。>

私が こんなブログ書いてる今も 夫は仕事に出ています<感謝!>
e0121192_11285089.gif

[PR]

by kuritokoro | 2012-09-20 11:32 | 日記 | Comments(0)

夫が車椅子に

7月頃から どうも腰痛の訴えが変わって来ました
腰痛は 職業病だろう・・・ 歳だから・・・と たかをくくっていた
ある定休日「もう歩けない」と言い出した
e0121192_15143990.gif

娘の計らいで 車椅子を市役所で借りました
孫達に 押してもらう気分は さぞ辛かったことでしょう
e0121192_151511.jpg
e0121192_1511483.jpg

車椅子は その日だけだった
すぐに 病院に行き かなり強い座薬を処方され 家に帰った
もらって来たのは 薬と 紹介状でした
意外と 座薬が効いているのか 普通に歩いている夫!<治った?>
母が 先日まで入院していた病院に お世話になることになった
私は 夫に同伴し 3時頃家を出ました ところが 番号(2360)を呼ばれたのが6時近かった
MRIも撮って下さり 次回は18日受診予定e0121192_15172875.gif

もしかしたら 脊柱間狭窄症かも???とのこと<きゃ~こわい>
先生は 整形外科部長と言う肩書きを持つ 凄い人でした
それは それは 物腰の柔らかい 丁寧な説明で 全て納得!<あんしん>
「手術すれば またお仕事できるようになりますよ」と言われた瞬間 夫の目が赤かった
e0121192_15192448.gif

ずいぶん 家族に嘘をついて 我慢していたんだなあ~~<早く治りますように>
e0121192_15121483.gif

[PR]

by kuritokoro | 2012-09-14 15:20 | 日記 | Comments(4)

幼友達が心配

       幼友達で 下の名前が私と同じ
e0121192_16535264.gif


彼女は たくさんたくさん農業のある家に嫁ぎました

以来 彼女との付き合いは 年に1回くらいの電話だけヾ(・д・` )ネェネェ

3年ほど前に 彼女は 大腸がんにかかり かなりの大手術(+_+)

昨年までは 飲み薬の抗がん剤だった<よく飲み忘れてた>

昨年 肺に転移が見つかりました(;´Д`)ウッ…

「私のガンは、やっつけても やっつけても 出来る性質のガンなんだって」と言う彼女

今年から 鎖骨にポート埋め込み 静脈からの抗がん剤投与が始まりました

もちろん 「髪が抜けてしまった!」と電話で聞き 泣けました。・゚・(ノД`)・゚・。

今年8月のある日 電話で彼女の明るい声を聞くことが出来て 思わず胸が熱くなりました

お買い物をしてくれ ご主人と一緒に支払いに来てくれた時 彼女から「これかつらだよ」e0121192_16411195.gif

正直 良く分からなかったから 髪の話はしなかったのに 彼女は自ら言い出した

「暑くてむれるから 家では バンダナしてるよ ・・・」

と結構明るく話す彼女に 私の方が泣き出しそうに・・・でも泣かずに頑張った

ところが そのあと、もっと辛い話を聞くことになるんだ

姑さん 90歳が 6月に同じ大腸がんにかかり 8時間の大手術をしたんだと・・・90歳で?

私は 聞き直してしまった∑(゚Д゚;) 

彼女に私は頭が下がる思いでいっぱいです

自分が抗がん剤治療しながらの大変な時に お姑さんの 退院後の在宅介護を

考えているとの話に 唖然!<尊敬>

人間って どこまで強くなれるんだろう? 辛さが分かるから 余計にお姑さんの痛みも

分かるんだろうか?

90歳で 大手術に耐えられたのも凄いけど 医師も凄いと思った
            ( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ
e0121192_16453314.gif

[PR]

by kuritokoro | 2012-09-01 16:58 | 日記 | Comments(0)