<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

介護保険でガイドヘルパー

介護福祉士の資格があるから・・・と 久々にガイドヘルパーの依頼があった

視覚障害者 59歳男性 名古屋の中村公園にある【名古屋身障連福祉センター】までの引率依頼

身障者Uさんの最寄りの駅は 名鉄の無人駅だった

午前8時30分に来てくれ!とのメッセージあり 玄関のチャイムを押すと まずは甲高い女性の怒鳴り声が

私を出迎えてくれました<ぎょ!>

どうも 夫婦喧嘩みたいです。 何事もないような顔で玄関に出て来られたのは 視覚障害者のUさん

私は 「今日はよろしくお願いします」と言っただけで もう余分なことは言いませんでした

喧嘩をしてたからか 奥さまは「行ってらっしゃい」も 送り出しもありませんでした。

最寄りの駅までの道は 狭いけど 爽やかな秋風が吹き コスモスや 柿の畑や 様々な花たちを見ながら

歩きましたが 彼には 見えません 

無人駅で 障害者が切符を買うときは 障害者手帳を見せるカメラがあり インターホン越しに駅員と

会話をし 券売機を作動してもらうようになっていました。<なるほど>

以前 資格を取るとき勉強したことを 昨夜は一生懸命復習してみたけど かなり忘れていた

電車に乗り込む時の 声掛けとプラットホームと電車との間の妙に広い隙間 かなり怖いだろうと思う

席が空いていれば 手で椅子の端を触ってもらい 誘導する

今日は 名鉄電車から 地下鉄名城線左回りに乗り換え  名古屋のど真ん中【栄】駅で 地下鉄東山線に乗

り換えなければなりません

日曜日の名古屋は人で溢れかえっていました

それでも  さすが 障害者とわかると すぐに席を譲ってくれました。 しかも 今日は二度とも清楚な若い女

の子でした。 おばあちゃんの私としては  とても嬉しかったことの一つです。

エレベーターと エスカレーターと 階段のどれにしますか?と聞くと たいてい「エスカレーターでいいよ」

と言われるUさんでした。

「エスカレーターって怖くないですか?」と 聞いてみた 「別に怖くないよ」と Uさんは答えます

エスカレーターの 動いてる手すりに 手を乗せてあげれば さっと足が出て 問題なく進まれます

介助者の 私の方が ぎこちなくて 恥ずかしい限りです

階段も 非常に多かったので ほぼ手すりに摑まっていただき 歩きました

中村公園3番出口までは 何度も階段を下りたり 上がったりを繰り返し 「下りの階段あります」

「のぼりの階段あります」「階段終わりです」を 何回言ったことでしょう<ちょっと疲れた>

改札を出ようとすると 首から名札をぶら下げた ボランティアさんが 大勢待っていてくださり 「ここからは

ガイドさせていただきますから 安心してください」などと 言葉をかけてくださり 緊張が緩む瞬間でした。

大きな鳥居を見ながら 道路には黄色い凸凹のついた誘導線があり これも大変たすかりました。

無事に 到着! 受付を済ますと 彼は「3階にある 将棋の教室に行きたい」と言われました

盲学校の教師を引退したと言う とても若々しい ユーモアたっぷりなオジサマが将棋の講師です。

視覚障害者に対して 我々のように目に障害のない人を晴眼者と呼ばれます。

子供のころ はさみ将棋くらいしか経験のない私には Uさんが将棋の部屋に行かれるとは思ってもいません

でしたから  先生が経験のないUさんにどうやって指導されるか とても興味がありました。

将棋盤には 一ますごとに凸の線があり 指先で 境い目がわかるようになっていましたし  駒の裏側には

点字で 何の駒かわかるように 工夫されていました。

まずは【将棋のルール】から ゆっくりと丁寧に そして笑いを交えながら説明をされました。

1時間くらいはその部屋におられたでしょうか 次になかなか移動できません

4階に移動すると 様々な 視覚障害者が使う便利グッズの紹介や 展示があり 晴眼者の私ですら

面白い 買ってみたいと 思わせるものばかりです。

あっと言う間に 12時になっていて お昼をどうするか?となりましたが 私が「コンビニでおにぎりでも買って

こちらで食べませんか?」と 提案すると 「それがいいですね 自分で選びたいから一緒に行きましょう」

と言われ また ガイドしながら 建物の外に出ることになりました

Uさんは カツサンドとエッグサンドとお茶  私はおにぎりとお茶にしました。

午後は 長野市からわざわざお越しになった 全盲の堀越さんと言われる方の講演です。 

ソフトバンクの孫さんを思い出させる風貌の 堀越さんは ラジオなどに出演されてるとても忙しい方でした

産まれてからすぐに 目が癌におかされていることが分り 命をとるのか 目を取るのかの選択を迫られた

若かった自分の親が 目ではなく命を選択してくれたことに心から感謝している こんなに元気な体を持たせ

てくれた 親に感謝している。と言われ ぴょんぴょんと跳ねてみせられました。

趣味のクラシックギターで ♪イエスタデーなど3曲も演奏される 天才ぶりを見せつけられました。

視覚障害者のUさんの ガイドとして来た私ですが 本当に様々な勉強をさせて頂きました。

講師の堀越さんの息子さんは  やはり弱視ですが 5000メートルの陸上選手で パラリンピックにも

出場されたそうです。 

めちゃ面白く  明るく2時間あまりを おしゃべりで楽しませて下さった堀越さんに拍手

家を出てから ずいぶん時間が経過しましたが いよいよ3時半 文化祭の閉会を迎えました。

センターから  中村公園駅までは カチカチと白い杖の音がたくさん聞こえました。

帰りの地下鉄の 階段も 乗り継ぎも エレベーターも 全く問題なく スムーズに家路に送り届けることが

できました。  「ただいまあ」と言う Uさんのあいさつも心なしか疲れて聞こえました。

しかし 「おかえり」と言う声は 朝の喧嘩のせいか 外出なのか 聞くことがありませんでした。

Uさん!一日お疲れ様でした。 

そして 自分にも お疲れ様でした。

 
[PR]

by kuritokoro | 2013-10-13 22:16 | 介護 | Comments(4)

久しぶりの一泊旅行

介護生活終わったら ご褒美に・・・・と友人が誘ってくれた草津温泉一泊旅行

プリウスの予定でしたが 人数6人になったため 急遽トヨタエスティマでいざ出発

ほんと 久々だったから 数日前から めっちゃワクワクドキドキ

しかも 群馬県なんて行ったこと無かったから 胸が騒ぎます

岐路に着いたとき 運転を引き受けてくれた友人が言った「全部で720キロ走ったぞ! 無事に家に着いたから まずまず安心だ」<ごくろうさま>

ランチは 希望通り 軽井沢で おそばを食べた

今まで 耳にはしたことあったけど 「軽井沢」って 何だか響きがイイネ
e0121192_13163816.jpgbr clear=all
e0121192_13173810.jpg
落ち葉も 軽井沢の落ち葉拾ってみた
おそばも 軽井沢で食べた蕎麦 写メ撮ってみた
八ヶ岳の落ち葉とどこか違う気がするから ふ・し・ぎ・・・






60代になるまで 草津温泉行ったことない!こんな人いるかなあ?




友人は 「草津温泉に連れて行ってやりたかった 湯畑見せてやりたかった 綺麗だろう 凄いだろう」
e0121192_13253618.jpg

残念なことに 感動している間に暗くなってしまい ネット上で 画像いただきました
畑のように見えるのは 湯の花を採取するべく 仕切ってあるのだそうだ
硫黄のにおいがするが 温泉と思えば 気にならないから 不思議!

翌日は 群馬県と長野県をまたぎながらの ドライブし登る白根山<山の上は 霧が多くて エメラルドグリーンの湯釜は見えなかった>

友人は さぞかし エメラルドグリーンの湯釜の美しさを見せたかったのか 感動を何度も伝えます

善光寺も行きました<初体験>
e0121192_1434669.jpg
↑ここから入ります
本堂の真下の暗黒の回廊を歩く「お戒壇めぐり」も 初体験 一点の光さえない暗黒の世界だった

それからは 
私が大好きな 道の駅めぐりでした

どこを走っても リンゴ りんご リンゴ の畑です

窓から 手を出せば 届きそうなところに いっぱいのリンゴがなっていて 感動だった

出発時集めた 軍資金が余ってる!とのことで 夕食は【うなぎ】だった

友人の Yさん 本当に運転お疲れ様でした そして 一泊とは言え 私にとって忘れることのない
思い出を ありがとう 心から感謝いたします
e0121192_13472435.gif

[PR]

by kuritokoro | 2013-10-06 14:06 | 日記 | Comments(4)

花の名前

お客様のお庭に 秋になると 庭一面咲き誇る花がありました

とても気になり 「何と言う名前の花ですか?」と聞いた

お客様 「サマーヤーンだよ とてもよく増えるから種を取ってあげるからネ」と言われた

昨年 頂いた種を蒔いておいたら 今年は あっという間に庭一面咲き誇っているではないか
e0121192_1684466.jpg

嬉しかったなあ~

植物は 本当に正直で 必ず答えてくれる 感動!

でも この花の名前 「サマーヤーン」って ほんとかなあ?

調べても わからん!

誰か 知ってる人 教えてください
e0121192_16115822.gif

[PR]

by kuritokoro | 2013-10-05 16:12 | 日記 | Comments(0)